今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

総合診療2020年10月号 「ポリファーマシーを回避する!エビデンスに基づく比薬物療法のススメ」に原稿が載りました。私も短いながら酒見先生を師事した医師としてこの特集は執筆したい!と思い、「急性上気道炎」の項目を書いています。今回の特集は中々学ぶことの少なかった ...

Happy heart syndromeとは楽しそうな名前ですが、これは「たこつぼ型心筋症の精神的トリガーが幸せなものの時の呼び方」です。1750名のたこつぼ型心筋症患者のうち485名に精神的トリガーを認め、そのうち20名(4.1%)が楽しいイベントが先行していた。臨床症状は89.5%が胸痛、2 ...

脾摘後や脾臓機能低下が疑われる患者がイヌに噛まれて敗血症・・みたいな時は末梢血スメアを見てみましょう。下記のような紡錘状のものが見えたら何を疑いますか?https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1916407https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM199812173 ...

以前話しには聞いていたNaegleria fowleriが先週のNEJMのpictureに出ていたので調べてみました。NEJMのpictureは44歳男性が前日からの意識障害で受診し、髄液検査でAのような髄液を認めました。検査結果は細胞数2083(91% 好中球)、糖 87、タンパク477でした。当初細菌性髄膜 ...

本日は研究室でのSQL勉強会第2回でした。徐々にデータを扱う機会も増え、SQLにも慣れてきた気がします。今日学んだことを書いておきます。<データには型がある>・データベースに収納されているデータには型がある。・vardher:可変長文字列。varchar(m)という形で指定する。m ...

耳鳴りを診た時に何を問診すればいいのかよくわかりませんでした。問診事項を考える時はまず鑑別を知らないといけません。色々調べたけれど結局一番わかりやすかったのはAAFPでした。頻度的には難聴に伴うものが多いようですね。そして耳鳴りはSubjectiveとObjectiveに分かれ ...

腎梗塞は急性の側腹部痛などの病歴より尿路結石を疑ったが、腹部エコーで水腎症や結石、AAAなく、追加で行ったCTでも結石を認めない際に考える疾患です。尿路結石Mimickerですね。造影CTを撮らないと診断できません。原因疾患で頻度が高いのは心房細動ですが、他にどのような ...

今月もmedicinaに連載「フレーズにピンときたら、このパターン!鑑別診断に使えるカード」が掲載されました。今月号は以下の3本です、・手掌足底の皮疹・全大腸炎・脾機能低下患者の発熱皮疹は鑑別が難しい症候の1つですが、手掌足底に認めるということは鑑別を絞る大きな情 ...

87歳女性が2週間前からの複視、緩徐発症の左眼瞼下垂、左側頭部の頭痛で受診した。診察では左眼瞼下垂と眼瞼を上げた際に左目の外転を認めた。採血では炎症反応の上昇を認めた。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31431967/ 診断は?「巨細胞性動脈炎による動眼神経麻痺」・ ...

眼瞼下垂が両側性になりうる疾患としては中脳病変や重症筋無力症、加齢性/コンタクトレンズ使用の腱膜性眼瞼下垂、筋原性などがありますが、左右差がある場合は片側性のように見える場合があります。下の写真は左の片側性眼瞼下垂のように見えますが(A)、左の眼瞼を上げると ...

日本プライマリ・ケア連合学会 学術集会の熱冷めやらぬ中書いてみます。今回は病院総合医が話題に上がることも多かった気がします(自分がそれを意識的に見ているだけかも)。総合診療医になるのには総合診療プログラムがよくて、内科をローテするだけじゃ総合診療医はできな ...

全然知らない疾患でした。キーワードは阻血性壊死(Avascular necrosis)や無腐性壊死。鑑別に思いつかなかったなあ。。Freiberg’s Diseaseは中足骨頭の阻血性壊死で、若い女性(10代)に多い疾患です。症状としては体重負荷時の疼痛です。頻度的には第2指に最も多く(68%)、 ...

1ヶ月に1度の大学院通信ですが、この1ヶ月は8/31に最後の課題を提出し、前期の授業の課題ラッシュが終了しました。最後の課題を通じてMCR同期の中で小グループでの勉強会も始まり、1週間に1度継続していくこととなりました。中々直接会えないため仲良くなるのが難しかったで ...

感度/特異度の論文をきちんと読めていますか?自分は最近感度/特異度の論文をきちんと解釈するのは難しいと感じています。解釈する際に注意するべきポイントは以下のようなものがあります。 1. 対象はどんな集団なのか? 2. 診断のゴールドスタンダードは何なのか?全例に行 ...

色シリーズで。サイレース®(フルニトラゼパム)やハルシオン®(トリアゾラム)はアルコールと混ぜることでレイプドラッグとして悪用される場合があるので溶かすと青くなります。舌も青くなります。サイレースがこのように変わったのは2015年からです。なので、それ以前の ...

27歳女性が1ヶ月続く吃逆、嘔気嘔吐を主訴に外来を受診した。13kgの体重減少と頭痛も認めていた。腹部所見や神経学的所見に異常はなく、内視鏡検査・髄液検査・頭部腹部CT検査に異常を認めなかった。頭部MRI検査のFLAIRは以下の通り。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/312424 ...

「下唇から顎がしびれる」という主訴を診たらNumb chin症候群を考えましょう。これは三叉神経のV3 下顎神経の遠位のオトガイ神経の支配範囲(下図のGの範囲)にしびれ(が限局しているのが特徴です。A:ガッセル神経節B:下顎神経(蝶形骨大翼の卵円孔を通って出てくる)C: ...

次、尿路結石を診たら、エコーでやろうと思っているtwinkling artifactについてです。尿路結石疑いではエコーで水腎症をまず見に行くと思いますが、結石の有無も診たいところです。尿路結石が詰まりやすい場所として腎盂尿管移行部,総腸骨動脈交差部,尿管膀胱移行部の3つの ...

確かに救急やっていると尿路結石って早朝にやってくるイメージありますね。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC100317/単施設のERで1990-1996年に受診した3410名の尿路結石患者(66% 男性、平均年齢 46歳)の発症時間を調べた研究。3360名(98.5%)で発症時間を特 ...

慢性下痢の鑑別に奇異性下痢(Paradoxical diarrhea)を覚えておきましょう。宿便性下痢とも言います。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11977932/直腸で硬い糞便が蓋をすると周囲の粘膜下の静脈やリンパ管が圧迫され、吸収障害や水分の排泄が起こり停滞した便が下痢状になり ...

↑このページのトップヘ