今日なに読もう〜病院総合医の論文日記〜

京都の上さまの元で病院総合医をやっています。バランスの取れた一流の病院総合医目指して修行中!論文メインに挙げていきます。

35歳男性 1年前からの頚部痛、咽頭違和感

外来振り返りで鑑別に挙がりました。

35歳男性が1年前からの頸部の鋭い痛みと咽頭の異物違和感で受診した。頚部痛は右の耳まで広がる。嚥下時痛や嚥下困難は認めていない。診察上、右の扁桃窩に骨ばった隆起を触知した。
Unknown
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1703542

診断は? 





















「Eagle's syndrome」

・CTで両側に通常より長い茎状突起(右 5.5cm, 左 5.2cm 通常 2.5-3.0cm)が認められ、右の茎突舌骨靭帯は骨化していた。Eagle's sydrome(茎状突起過長症候群)と診断した。
スクリーンショット 2019-08-25 11.59.00
・この患者は扁桃茎状突起切除術を受けた。両側の茎状突起が切除され、症状は速やかに消えた。 
スクリーンショット 2019-08-25 12.04.03

・Eagle's syndromeは頚部痛喉の異物感嚥下障害を3徴とする稀な疾患である。顔面痛や舌の伸展時痛、耳痛、耳鳴、頸動脈圧迫による虚血などを起こすこともある。口蓋扁桃を介して突起が触れ、症状が誘発できることもある。診断はX-rayもしくはCTで行う。
スクリーンショット 2019-08-25 12.52.23
スクリーンショット 2019-08-25 12.49.00

・茎状突起過長は全体の約4%に認めると言われるが、そのうち症状を来すのは4-10%なので、あるからといって必ずこれが原因というわけではない。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/orltokyo/57/3/57_160/_pdf
 

87歳女性 目の周りの色素沈着

87歳女性が眼球周囲と口の周囲にかゆみを伴わない丘疹と色素沈着が徐々に濃くなってきたということで受診した。外傷歴はなく、他に本人に症状はない。
スクリーンショット 2019-08-24 14.48.54
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejmicm1011176

診断は?





















「多発性骨髄腫に伴うアミロイドーシス」

・皮膚生検では表皮にヒアリン化された不定形の沈着物を認め、Congo-red染色でアミロイドの存在が証明された。
スクリーンショット 2019-08-24 15.00.58
・血清、尿免疫電気泳動でmonoclonalなκ鎖を認め、骨髄生検で形質細胞を22%認めたことより多発性骨髄腫と診断した。

・アミロイドーシスはアミロイド沈着による血管壁脆弱性沈着臓器への凝固因子吸着フィブリン形成阻害などのため出血傾向を伴う。そのため軽くこする、咳、鼻をすするで出血し、非外傷性のraccoon eyes signを来すことがある。
スクリーンショット 2019-08-24 15.14.14
https://www.nzma.org.nz/journal/read-the-journal/all-issues/2010-2019/2013/vol-126-no-1379/cc-prystajecky 

心筋炎の症状は非特異的

発熱、咳嗽などの症状で来ることもあるため感冒Mimickerとなり得るの心筋炎の症状について。

病理的にactive myocarditisとされたかPCPSを必要とした劇症心筋炎52例のデータ。平均年齢は47.9±16.0歳と比較的若い人にも起こる。

スクリーンショット 2019-08-23 23.29.29

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11999637

一方で入院時のsBP≦90が52.1%、HR>100が46.8%、意識障害が17.1%と循環不全の要素が入院時に診られている。他にもSIckな様子、手足の冷感、顔面蒼白などのサインにも注意です。
プロフィール

nagano1123

関西で一流の病院総合医目指して修行中

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: