PMR発症時に末梢関節炎があった場合にEORAかどうか鑑別するのに関節エコーが1つの手がかりになる論文。PMRの関節腫脹は浮腫、液貯留に留まっているんですかねえ。

発症2週間以内にPMR疑いとして紹介になった61名のProspective study. 紹介時に全例関節エコーを施行されている。1年後に32例で診断が変わった(18例のEORAを含む ). Wrist effusion/synovitisはPMR 6.8% vs EORA 77.7%、Wrist PDUSはPMR 3.4% vs EORA 72.2%、MCP synovistisはPMR 3.4% vs EORA 55.5%と差を認めた。PMRでPDUSにおけるhypervascularityを示すのは非常に稀であった(29例中3例). 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20653466