先日古巣で病棟回診した際にバクタによるDIHSS疑いの人がいました。皮疹を伴う発熱で、回診時にはDIHSSの他に鑑別でリケッチア感染やTSS/TSLSを挙げました。調べるともう少し若ければパルボウイルス感染や多形滲出性紅斑ならマイコプラズマやヘルペスウイルス、今の時期なら麻疹、風疹も鑑別ですかねえ。

DIHSSはStevens- Johnson syndromeなどと同じ重症薬疹の1つです。原因薬剤について整理しよう。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21592453 

DRESS 172症例のreviewです。診断基準は以下の通り。6点以上がdefinite, 4-5点がprobableです。
スクリーンショット 2019-03-14 10.33.36
皮疹以外にはリンパ節腫大や好酸球増多、臓器不全に注目ですね。ところでDRESSとDIHSって何が違うのでしょうか?DIHSの診断基準は以下のとおりです。

スクリーンショット 2019-03-14 11.15.55

HHV-6の活性化以外は殆ど変わりません。昔のボスにDRESSはもともとDrug induced pseudolymphomaから始まったから、そもそもの概念が違うと習いましたねえ。対してDIHSは薬疹だと。下記がその論文です。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9069593

話を戻して原因薬剤は以下の通り。抗てんかん薬、抗菌薬が多いですね。ただ元の表を見てもらうとわかる通り、原因薬剤は多数です。
スクリーンショット 2019-03-14 11.29.56

症状は以下の通り。皮疹は90%で認められます。
スクリーンショット 2019-03-14 11.40.08

薬剤開始からのOnsetは3.9±2.3week. 内服開始から時間が立ってから起こるのが特徴で注意が必要です。