高脂血症の既往のある62歳男性が90分続く胸痛で受診し、心電図は以下の通り。

スクリーンショット 2019-05-14 17.35.31
http://www.cmaj.ca/content/188/7/528
 
診断は?





















「de Winter syndrome」
・ECGでは前胸部誘導でのupslowingなST低下、T波増高、aVRでのST上昇を認め上記と診断した。カテーテル検査では左前下行枝の閉塞を認め、治療を行った。
・de Winter syndromeは前下行枝の閉塞と関係すると言われる心電図変化のことである。
・これは前壁梗塞の約2%を占めると言われている。 


Wellens syndromeみたいに注意が必要ですね。 ちなみにWellens syndromeは胸痛がおさまった後の前胸部誘導(V2-3)での2相性のT波陰転化で前下行枝の狭窄を意味すると言われています。

スクリーンショット 2019-05-14 17.45.42
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejmicm1400946