感冒mimickerをまとめ中なのですが、その1つとして頭の片隅に置いておかなければいけないのがAOSD(成人Still病)です。というわけで日本のAOSD 169例のデータをまとめてみました。 やっぱりイメージつけるためにはケースシリーズ大事ですね。

スクリーンショット 2019-07-07 9.59.46 PM
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25382730

平均年齢は46±19歳で意外と中年くらいでも発症します。男女比は1:2.57で女性に多いです。全員が山口Criteriaを満たしていました。関節炎は関節痛をきたした患者のうち、44.4%で認めており、手首・膝・肩関節などが罹患関節です。関節破壊も15名で認めました。

スクリーンショット 2019-07-07 10.02.05 PM

というわけでイメージつかめましたでしょうか?私のAOSDのイメージは「ひどい風邪がなおらない」です。

・発熱、関節痛、咽頭痛、筋痛などが1-2週間なおらない(関節炎はなくてもいい)
・皮疹は軽微で気づいていない
・Laboを取ると好中球増多があるが意識されない
・リンパ節腫大、肝酵素上昇はウイルス性?(伝染性単核球症)などと勘違いされる 

などが見逃されているパターンかなと思います。