白斑は皮膚の色素が抜ける疾患であり、様々な自己免疫疾患と合併します。

・自己免疫性甲状腺疾患(特に橋本病)
・悪性貧血
・Addison病
・SLE
・Type Ⅰ DM

APS(Autoimmune Polyendocrine Syndrome)の一部であることもあるので注意が必要です。
スクリーンショット 2019-07-08 17.49.56

そしてもう1つ注意が必要なのはMelanomaです。Melanomaを持っている場合、通常に比べて約10倍白斑を起こしやすいと言われています。Melanomaに対する免疫反応がMelanocyteに反応し白斑を引き起こすとされています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1809584

スクリーンショット 2019-07-08 18.01.54
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=N+Engl+J+Med+2008%3B+359%3Ae3

上記の写真は数ヶ月で顔や体幹に広がる白斑を主訴に受診した58歳女性ですが、診察で右下肢に2cm台の灰色の病変と鼠径部リンパ節腫脹を認め、リンパ節転移を伴うMelanomaと診断されました。

白斑を診た際は色々と注意が必要ですね。