他のブログで知った論文。面白そうなので読んでみました。

28歳女性が右第3指が急に腫れたため救急外来を受診した。痛みは夜に強くなり、朝には軽快する。診察上は右第3指全体が腫れていたのと、左第2指の爪が割れていた。採血では炎症反応の上昇は認めなかった。
スクリーンショット 2019-08-14 08.00.48

手指のレントゲン撮影が行われ、骨内に複数の嚢胞性病変と右第3指の中節骨は骨皮質の破壊と軟部組織の腫脹を伴う溶骨性変化を起こしていた。関節裂隙の狭小化は見られなかった。
スクリーンショット 2019-08-14 08.02.05
スクリーンショット 2019-08-14 08.02.13
スクリーンショット 2019-08-14 08.02.19
https://pubs.rsna.org/doi/pdf/10.1148/radiol.2019162264 

診断は? 




















「骨サルコイドーシス」

・骨サルコイドーシスが疑われたため、全身検索が行われたが肺やリンパ節に異常は見られなかった。途中、鼻に隆起状の皮疹が出現しLupus pernioが疑われたため皮膚生検が施行され、表皮と真皮に中心壊死を伴わない類上皮細胞肉芽腫と巨細胞肉芽腫を認め、サルコイドーシスと診断した。ステロイドとMTXで治療を行った。

・サルコイドーシスは20-40代の女性に多い肉芽腫性疾患であり、通常肺、リンパ節、眼、皮膚などを侵す。骨サルコイドーシスは全体の約5%ほどである。通常骨に罹患する場合は、肺や皮膚病変(lupus perdioなど)を持つ事が多い。
・骨サルコイドーシスの罹患部位としては四肢末端とくに手足の基節骨、中節骨に多い。サルコイドーシスに特徴的な肉芽腫が骨髄や骨皮質に形成され、骨吸収と破壊を生じて骨を脆弱化させる。両側に左右非対称の指炎(Dactylitis)を起こすことが多い。
・単純レントゲンでは嚢胞性病変骨溶解像を認める。 

ちなみに指炎と骨溶解の鑑別は以下の通りです。

・乾癬性関節炎
・痛風
・内軟骨腫
・骨転移
・Septic osteitis