たこつぼ型心筋症の心電図を勉強しているとACSでのMirror imageなどを理解する必要がある。ということでメモ代わりに。

スクリーンショット 2019-09-18 13.26.06
Ⅰ. aVLは左室側壁
Ⅱ, Ⅲ, aVfは左室下壁
V1-4は左室前壁
V5-6は左室下側壁


最も対極的に位置するのはaVL下壁誘導
前壁誘導下壁誘導/後壁誘導も対極的と言われるが症例による。

Ⅱ, Ⅲ, aVfでST上昇している場合は右冠動脈(こちらが80%を占める)か左冠動脈回旋枝になりますが、下の特徴があれば右冠動脈らしいとなる。

・ST上昇の度合いがⅢ>Ⅱ
・Ⅰ, aVLでST低下(これは右冠動脈のMirror image)

スクリーンショット 2019-09-18 13.23.59
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra022700

ST上昇をきたす前にaVLでT波陰転化やST低下が先行する場合もあるので注意。
スクリーンショット 2019-09-18 14.22.12

スクリーンショット 2019-09-18 14.22.19
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24792939

右冠動脈では右室梗塞の合併をcheckするためにV1でのST上昇を見たり、右胸部誘導を追加する(この誘導でのST上昇は梗塞発生後12時間で消失する)
スクリーンショット 2020-01-16 0.58.19
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1504379

images

またaVLでST上昇があると左回旋枝らしくなる。

後壁梗塞の場合はいかにまとめてある通り、V1でのR波の高さやT波増高に注意です。これも後壁のMirror imageですね。