消化管リンパ腫で最も多いのは胃(50-70%)ですが、小腸は20-30%を占め小腸悪性腫瘍で最も多いのはリンパ腫ということで画像の特徴を勉強しました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17848697

二次性では複数箇所が巻き込まれることもあります。ただ原発性消化管リンパ腫では一箇所がやられることが多く、non-Hodgkin typeが多いです。Risk factorにはHIV、Celiac病、ピロリ感染、IBDなどがあります。

回腸末端がリンパ組織が最も多いため、罹患部位として最多です。

Aneurysmal dilationは1つの特徴です。

腫瘍自体が柔らかく狭窄を来さないのと、固有筋層がリンパ腫細胞に置換され自律神経叢が破壊されることにより拡張すること
を言います。
スクリーンショット 2019-09-25 8.55.34

スクリーンショット 2019-09-25 9.01.27

腫瘍の大きさの割に、狭窄をきたしておらず拡張している場合はリンパ腫を考えましょう。