今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:膠原病 > PMR

PMRの診察で意識する場所がわかる論文。非常に写真がわかりやすいです。集積している部分を意識して診察しよう。PMR15名とEORA7名にFDG-PETを撮影した。肩甲上腕関節周囲への集積、大腿直筋の腱付着部近傍、大転子側面、坐骨結節、椎間関節、棘突起などへのFDG集積はEORAより ...

これはシンプルでわかりやすい。いやPETは取らないですけどね。PMR14例、RA17例、other active rheumatic diseases6例にDG-PETを撮影。坐骨結節、大転子、棘突起のうち2箇所以上に集積を認めた場合、PMRの診断に対して感度85.7%/特異度88.2%であった。肩関節、股関節への集積 ...

PMR発症時に末梢関節炎があった場合にEORAかどうか鑑別するのに関節エコーが1つの手がかりになる論文。PMRの関節腫脹は浮腫、液貯留に留まっているんですかねえ。発症2週間以内にPMR疑いとして紹介になった61名のProspective study. 紹介時に全例関節エコーを施行されている ...

↑このページのトップヘ