今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:総合診療 > 症候学

87歳女性が2週間前からの複視、緩徐発症の左眼瞼下垂、左側頭部の頭痛で受診した。診察では左眼瞼下垂と眼瞼を上げた際に左目の外転を認めた。採血では炎症反応の上昇を認めた。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31431967/ 診断は?「巨細胞性動脈炎による動眼神経麻痺」・ ...

27歳女性が1ヶ月続く吃逆、嘔気嘔吐を主訴に外来を受診した。13kgの体重減少と頭痛も認めていた。腹部所見や神経学的所見に異常はなく、内視鏡検査・髄液検査・頭部腹部CT検査に異常を認めなかった。頭部MRI検査のFLAIRは以下の通り。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/312424 ...

「下唇から顎がしびれる」という主訴を診たらNumb chin症候群を考えましょう。これは三叉神経のV3 下顎神経の遠位のオトガイ神経の支配範囲(下図のGの範囲)にしびれ(が限局しているのが特徴です。A:ガッセル神経節B:下顎神経(蝶形骨大翼の卵円孔を通って出てくる)C: ...

56歳男性が2週間前からの左上眼瞼下垂で外来を受診した。3週間前患者は左顔面の激しい痛みを感じた。複視、視力低下、外傷は認めなかった。診察上、他の脳神経障害や無汗症やは認めなかったが、瞳孔不同(右5mm、左4mm)を認めた。https://jamanetwork.com/journals/jamaopht ...

小ネタです。アメリカ、サウスカロライナ州の2病院で行われた脾梗塞163例のretrospective observational study. Radiology databaseから検索し、Radiologistが陳旧性脾梗塞やperfusion artifactsなどを除外した。平均年齢は57.0歳(標準偏差 18.1歳)、女性が56%であった。20 ...

勉強したのでサラッと。銅欠乏は亜急性連合性脊髄変性症様の神経症状とMDS様の血液症状をきたします。ですのでビタミンB12欠乏ととてもよく似た症状きたすのでビタミンB12欠乏mimickerとして覚えておくと良いと思います。銅は胃と十二指腸で吸収されるので胃切除後でRoux-en- ...

知識の整理も兼ねて。前回記事で述べたようにアルコール問題は出会うことも多く、様々な合併症と関連するのでまとめてみました。このような疾患を念頭においておけば、アルコール依存患者を見た際に考える病態の幅が広がります。オリジナルに近いので、何かこれも追加したほ ...

以前外来で相談を受けてこれかな?と思いました。指がいきなり腫れて紫色になる・・そうですAchenbach’s Syndromeですね。色々調べましたがこの写真が一番キレイでした。https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1610146これは別の論文の改善前後の写真です。いやあキ ...

女性化乳房(Gynecomastia)は無症候性であれば新生児期(60-90%)、思春期(50-60%)、高齢に多い。両側が多いが、片側性でもいい。乳がんとの鑑別になる。Pseudogynecomastiaは腺組織の増殖なく、乳輪下の脂肪が集積している状態である。診察では臥位で腕を上げ頭の後ろで組ん ...

高齢発症の頭痛の鑑別は色々注意が必要ですね。1施設での頭痛を主訴に来院した3578例のreview. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7931391高齢発症(65歳以上)の頭痛は全体の5.4%と少数であった。原因は以下の通り。片頭痛は65歳以上発症は非常に少ないですね。こちら ...

↑このページのトップヘ