今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ: 身体所見

IgA腎症、CKD stage5の既往のある42歳女性が食思不振と味覚障害で受診した。診察すると舌の側面と背面、頬粘膜に白色プラークを認めた。https://academic.oup.com/qjmed/article/110/4/247/2843730診断は?「Uremic stomatitis」・採血でBUN/Cr 205/18.9と高度腎障害を認めUr ...

舌関連で。身体所見ではないですが。Bright Tongue Signとは「T1強調像のsagittal(矢状断)で舌が高信号になること」です。脂肪組織に置換された舌が高信号になるためです。下の写真は49歳男性の9年間で進行する嚥下障害、筋力低下、筋萎縮で受診し、舌の萎縮とfasciculation ...

78歳男性が2週間で増悪する全身性浮腫、倦怠感、胸痛で救急外来を受診した。彼は1年前から舌が大きく固くなり、飲み込みがしにくくなっていると訴えた。診察では舌の側面に歯の跡がついており巨舌を認めた。検査では尿蛋白とTnT、BNPの上昇を認めた。https://www.nejm.org/do ...

Ocular bobbingは両側眼球が急速に下方向に移動し、緩徐に正中に戻る運動です。下の動画の患者はCSF leakで起こったOcular bobbingです。この症例では上方向に移動し、正中に戻っています。https://n.neurology.org/content/86/16/e179  典型的には橋病変で起こり、垂直方 ...

ボスの朝レクチャーより。前回は「整形内科診察」でした。それよりシミズ反射(肩甲上腕骨反射)と胸筋反射についてです。これらの反射は頚椎症の高位診断で使えます。シミズ反射は垂直に肩甲蕀もしく肩峰を叩きます。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8278829肩甲骨が上 ...

今日の朝レクチャーで知った知識。片側性のばち指の鑑別は何でしょうか?この症例は64歳男性で25年前に外傷性脳損傷を起こし右麻痺がある患者さんでした。慢性片麻痺による片側性ばち指は稀であり(全体の2%程度)、局所的な自律神経機能不全による栄養の変化が理由と考えられ ...

18歳男性が臍周囲の疼痛を主訴に救急外来を受診した。彼は2年前に別の病院を臍から浸出液が出ることで受診しており、その時は皮下膿瘍と診断され、ドレナージと抗菌薬で治っていた。診察では臍周囲に圧痛を認め、浸出液は無かった。超音波検査では低エコーの嚢胞構造物が臍 ...

タイトルをつけるのが面倒だったので、答えになっていますが。。73歳女性が4ヵ月で臍の腫瘤が痛みを伴い大きくなってきたと受診した。2日前からは臍の腫瘤から血性の浸出液を認めた。診察では最大径2cm程度の発赤した硬い結節を臍に認めた。https://www.nejm.org/doi/full/10 ...

37歳女性が臍に腫瘤ができたと受診した。腫瘤からは定期的に出血が起こる。既往には月経困難症があり、子宮内膜症性嚢胞を2度腹腔鏡で手術している。CTでは臍部に腹膜につながるmassと骨盤内に子宮内膜腫と思われる5cm台の腫瘤を認めた。https://www.nejm.org/doi/full/10.10 ...

Doctor's magazineの飯塚病院 井村先生の連載マンガで面白かったので勉強しました。下の写真はアヘン長期使用患者のBurton's lineです。この患者さんは4週間続く腹痛と便秘、貧血で受診しました。https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1801693Burton's line(Lead l ...

↑このページのトップヘ