今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:感染症 > Sepsis

今日はSepsisの対応について症例を振り返りつつ、皆で勉強しました。以前抄読会で読んだ論文を復習。自分は結構すぐノルアドレナリンを準備するタイプです。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30704260低血圧を伴うSepsisを早期ノルアドレナリン群と通常治療群に割り付け ...

Septic shockを疑ったら必要な培養を早く取って抗菌薬を早めに入れることを指導する時に教える論文です。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21316569抗菌薬投与が遅れるに従って死亡率は上がっていく。最初の6時間では、1時間遅れるごとに7.6%死亡率は上がる。  ...

今日の朝の回診で話題にした論文(うちの病院は祝休日もチーム内で当番回しで回診しています)。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21373821皮膚のMottlingは末梢臓器循環不全を示すサインの1つで、Sepsic shockを疑った時にcheckする項目の1つです。Shockというのは血圧 ...

↑このページのトップヘ