今日なに読もう〜病院総合医の論文日記〜

京都の上さまの元で病院総合医をやっています。バランスの取れた一流の病院総合医目指して修行中!論文メインに挙げていきます。

心電図

ACSと心電図

本日の朝レクチャーはACSの心電図でした。網羅されていて大変勉強になったので復習。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11934778

後壁梗塞は見逃しやすい。V7-V9誘導でST上昇(0.5mm以上)がないことを確かめるまではSTEMIで無いと言えない。後壁梗塞はSTEMIの0.7-7%を占めるよう(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24576519) 
スクリーンショット 2019-05-31 10.10.12

通常の心電図ではV1-3付近のR波増高(R/S wave ratio >1.0 in lead V 2)とV1-5のST低下に注意。後壁のMirror imageですね。Ⅰ, aVLでも少しST低下するようです。
スクリーンショット 2019-05-31 10.24.38
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17612703

V7-9を追加するとこんな感じ。少し上がっていますね。
スクリーンショット 2019-05-31 10.29.15

というわけで一番勉強になったのは後壁梗塞でしたが他にも

・左脚ブロック患者での心筋梗塞の診断はSgarbossa基準、Modified Sgabossa rule(Sgarbossa基準2点以下で極性不一致のST上昇が25%以上)を使う
① 極性が一致した1mm以上のST上昇:5点
② V1-3での1mm以上のST上昇: 3点
③ 極性不一致のST上昇:2点

・右脚ブロックのQRS成分はST上昇と間違える場合がある。
・たこつぼ型心筋症はV1でST上昇が見られにくい。
・下壁梗塞を見たら大動脈解離を考える。
・下壁梗塞のReciprocal changeとしてaVLのST低下を覚えておく。

と勉強になりました。
 

62歳男性 胸痛 診断は?

高脂血症の既往のある62歳男性が90分続く胸痛で受診し、心電図は以下の通り。

スクリーンショット 2019-05-14 17.35.31
http://www.cmaj.ca/content/188/7/528
 
診断は?





















「de Winter syndrome」
・ECGでは前胸部誘導でのupslowingなST低下、T波増高、aVRでのST上昇を認め上記と診断した。カテーテル検査では左前下行枝の閉塞を認め、治療を行った。
・de Winter syndromeは前下行枝の閉塞と関係すると言われる心電図変化のことである。
・これは前壁梗塞の約2%を占めると言われている。 


Wellens syndromeみたいに注意が必要ですね。 ちなみにWellens syndromeは胸痛がおさまった後の前胸部誘導(V2-3)での2相性のT波陰転化で前下行枝の狭窄を意味すると言われています。

スクリーンショット 2019-05-14 17.45.42
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejmicm1400946 
プロフィール

nagano1123

関西で一流の病院総合医目指して修行中

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: