今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:身体所見 >

今日の朝レクチャーで知った知識。片側性のばち指の鑑別は何でしょうか?この症例は64歳男性で25年前に外傷性脳損傷を起こし右麻痺がある患者さんでした。慢性片麻痺による片側性ばち指は稀であり(全体の2%程度)、局所的な自律神経機能不全による栄養の変化が理由と考えられ ...

62歳男性が6ヶ月で進行する両下肢の筋力低下としびれで受診した。身体所見で肝腫大、神経伝導検査では両下肢で感覚・運動神経の脱髄/軸索障害を認めた。https://www.karger.com/Article/FullText/366417診断は?「POEMS症候群のWhite nail」・採血でIgAのMonoclonal gammopat ...

たまに外来で爪が割れたり崩れたりしている人がいて何と表現するかを調べていたのですがBrittle nailというようです。Brittle nailは非常にcommonで50歳以上の女性の30%で認められます。女性では男性に比べて細胞内のケラチノサイトの架橋構造が弱いようです。また通常の爪は ...

73歳男性が爪の近位部が灰色に色づんできたと受診した。診察では両手の第1-3指の爪床付近が灰色になっていた。皮膚や粘膜、歯肉に色素沈着は認めなかった。彼は酒さに対してミノサイクリンを8週間前から内服している。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17908141診断は? ...

今度は黒です。58歳男性が爪が黒くなったと受診した。変化は2年前からで爪の遠位の側面から始まった。親指以外のすべての指に見られた。水や洗剤によく触れることもなく、仕事上特殊な薬剤に触れることもない。軽度の爪甲剥離と爪周囲炎が見られた。https://jamanetwork.com/ ...

乾癬に対してエファリズマブ(抗CD11a抗体)で治療されている53歳女性が数週間前より両方の親指の爪の爪甲剥離部分が緑色になってきたということで受診した。https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm0706497診断は? 「緑膿菌感染に伴うGreen nail」・爪の擦過物の培 ...

68歳男性、元々喫煙者であったが頭部外傷をキッカケに禁煙をしている。https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJM199404073301405この爪の所見は?「Quitter's nail」・喫煙に伴い爪甲に黄色の色素沈着することは"nicotine sign" と呼ばれ、よく見られる。突然禁煙することで色 ...

28歳男性が3年間で爪が変化してきたということで受診した。診察すると両手の全ての爪の表面に小さな穴が無数にあいており、爪の遠位側が黄色く変色していた。https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1803217診断は?「乾癬に伴うNail pitting」・診察上、肘と膝の外側 ...

48歳男性が爪が凹んでいると指摘されmedical campを訪れた。眼瞼結膜にpallorなく、他の栄養障害の所見も無かった。採血でHb16.1, フェリチン166.2と鉄欠乏は認めなかった。彼はインドの標高3500mに住んでいる。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3902968/診断は ...

糖尿病とCKDを持つ61歳男性が2週間続く嘔気嘔吐と倦怠感で受診した。採血でHb 7台、BUN/Cr:108/13.9であった。爪の所見が以下の通りであった。http://www.cmaj.ca/content/180/6/687 この爪の所見は? 「Half and half nail」・Half and half nailは近位側の白色部分が50% ...

↑このページのトップヘ