今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:膠原病 > サルコイドーシス

糖尿病でインスリン治療中の49歳女性が3ヶ月前よりインスリン注射部位が腫れてきたと受診した。同様に左膝の古い瘢痕部位や軽い外傷部位が腫れている。診察では腹部のインスリン注射部位に左右対称に赤褐色丘斑状疹を認めた。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4 ...

特に既往のない40代男性が1時間ほど前からの動悸を主訴に受診した。彼は同様のエピソードを過去に体験していたが、どれも数分で収まり労作時に限定されていた。彼に心臓系の家族歴はない。受診時、HRは224で血圧は123/97、SpO2 98%であった。12誘導心電図ではWide QRS tachyc ...

肺サルコイドーシスのCT所見は気管支血管束や小葉間隔壁に沿った小結節影(リンパ行性)です。リンパ行性か見るには特にMajor fissureが見やすいですね。そして今回は1cm以上の結節である「Sarcoid Galaxy sign」について紹介。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12034602 ...

他のブログで知った論文。面白そうなので読んでみました。28歳女性が右第3指が急に腫れたため救急外来を受診した。痛みは夜に強くなり、朝には軽快する。診察上は右第3指全体が腫れていたのと、左第2指の爪が割れていた。採血では炎症反応の上昇は認めなかった。手指のレント ...

↑このページのトップヘ