今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ: 免疫

RAの治療でバイオを使う時に怖いものの1つが潜在性結核の再活性化です(約10倍)。バイオの1つであるTMF-α阻害薬はマクロファージの活性を抑え、貪食により抗酸菌を隔離する能力を下げます。他のバイオと比較してもTNF-α阻害薬は潜在性結核の再活性化の割合が高いとされてい ...

懐かしい知識で復習中・・。① 好中球の約90%は骨髄に存在し、2-3%が循環し、残りが組織中に存在する。② 細菌や損傷を受けた細胞から放出される物質は血管内皮内の接着分子の発現を増加させる。好中球表面のL-selectinが血管内皮の接着分子上のsialyl-Lewisなどの糖鎖構造に ...

↑このページのトップヘ