今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:神経 > 脳炎

抗NMDA受容体抗体脳炎は若年女性に多く、統合失調症様の症状を取ることが有名ですが自殺企図に気をつけましょうというお話。2012-2017年にWest China Hospitalに入院した抗NMDA抗体脳炎133名のうち17名(13%)に自殺関連症状を認めた。7名が自殺念慮、8名が自殺を試み、2名が ...

44歳男性が30日前からの関節痛、20日前からの記憶障害で受診した。頭部MRIではT2で左海馬と右脳室周囲、側頭葉に高信号を認めた。髄液検査では単核優位の白血球増加と蛋白増加を認めた。ウイルス性脳炎が疑われ、アシクロビルが開始された。入院中に以下の所見が認められた。 ...

当科のメーリスで流れてきた論文。情報共有はありがたいですね。53名の抗NMDA受容体抗体脳炎のMRI画像を下の4パターンに分類した中国の論文。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29567651Type 1:頭部MRI正常Type 2:海馬のみType 3:非海馬病変Type 4:海馬+他の部位病変 ...

来週にTOEFLを受けるのですが、勉強がつらいので逃避的にブログを書いています。免疫介在性脳炎を疑う患者さんがチーム編成に伴い、担当になったので簡潔にまとめておこう。関連する抗体はたくさんありますが、頻度的には抗NMDAR抗体、抗LGI1抗体、 抗GABAbR抗体、抗Caspr2 ...

日本病院総合診療医学会に来ています。いつもながらケースカンファしたのですが男性の抗NMDA受容体抗体脳炎について勉強しました。女性と少しプレゼンテーション違うみたいですね。ケースではステロイドパルスが1回で効かなかったですが、複数回行ったり免疫抑制治療を追加し ...

↑このページのトップヘ