今日なに読もう〜病院総合診療医の論文ブログ〜

京都の上さまの元で病院総合診療医をやっておりました。2020年度より京都大学の社会健康医学系(SPH)の大学院の博士課程1年目。論文メインに挙げていきます。

カテゴリ:感染症 > 脾機能低下

末梢血をGram染色することはそう無いですが、試みてもいいタイミングがあります。それはOPSI(overwhelming post-splenectomy infection:脾臓摘出後重症感染症)を疑ったときです。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4148153本論文では3例の脾機能低下患者で末梢血Gram染 ...

インフルエンザ桿菌菌血症ではチラッと脾臓の大きさをcheckしてもいいかもという話。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21474172体内に侵入した微生物は好中球やマクロファージにより貪食される。その際に補体、免疫グロブリン、TufsinやProperdinなどで覆われることで貪 ...

入院患者さんに発熱で脾臓が小さい方がいました(たぶん誤嚥性肺炎)。脾機能低下も疑われますが、どのように確認したらいいでしょうか?そのような時は末梢血スメアでHowell-Jolly小体を見ましょう。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4551333/ 脾機能が低下す ...

↑このページのトップヘ